無料
エロ
動画

出張の旅、風俗の旅

各地に出張するビジネスマンが、出張先でフラリと立ち寄った風俗店のレポートを書いてます。

  カリビアンコム 提供
サンプル動画 1
一本道 提供
サンプル動画 2
パコパコママ 提供
サンプル動画 3
エロックス 提供
サンプル動画 4
プレミアム 提供
サンプル動画 5
おちんこをこれでもかぁ〜!と刺激してくれるエロぉ〜い女の子達が勢ぞろい!

002. 岐阜の女


002. 岐阜

岐阜の有名な金津園、わりと地元に近いので、出張ではないが行ってみた。
我が家からはクルマで40分くらいかな。
どこか駐車場に止めて歩きながら店を見てみよう。予習は無し。予算さえ最初に言えば大丈夫だろう。

金津園の端にある有料駐車場にクルマを止めると、愛想の良い親父が素早く寄ってきた。
「お遊びですか?もうお店は決まってます?」
「いや、フラフラ歩いて決めようと思ってさ。金津園は初めてだし。」
「予算は?」
「うーん、4万くらいで収めたいところだね。」
「それなら、○○がいいですよ。いますぐ入れるか確認をしてあげますよ。」
と言うが早いか、携帯電話で店に連絡をしている。
この親父、駐車場の管理人ではあるが、たぶんお店にバックマージンを貰っていると思う。
別にいいけど。

で、案内されたソープは、100分で35,000円の普通のお店。中級店みたい。
出てきた嬢は、体は細身、オッパイは推定Cカップ。目が少し斜視なのが惜しいが、キレイ系。

でもって、プレイ開始。

椅子に座って、下半身を中心に洗ってもらう。手が優しく私の肉棒を撫でながら洗う。
私も嬢の胸を触ると、けっこう柔らかい。この感触からすると、20代後半か、30代に入ったところだろう。
乳首をいじっていると
「ん…、ふう。」
と腰をくねらせる。腰から尻のラインがなまめかしい。このまま押し倒してしまいたい衝動に駆られるが、尻を撫でまわし、膣に少し指を入れたところで我慢しておく。

マットではごく普通に手順通り。
フェラでねっとり舐めた後、嬢が私の肉棒を手にし、騎乗位で自分の膣に挿入。エアマットの上は、相手も私も動きにくいので、まずは彼女の膣と私の肉棒の相性確認と言う感じだ。マットはそこそこに、ベッドに移る。

嬢の足を広げ、オマンコを拝見。クリトリスを少し舐めていると、じんわりと膨らんでくる。
人差し指を第二関節まで嬢の膣に入れ、感触を確認。襞が多く、気持ちよさそうな膣である。
「ん、ん、あっ、あっ」
あまり深くまで指は入れず、オマンコ全体を上から擦るように円を描くように手を回す。
「うんっ、あっあっ、このまま、あっ。もう、もう少しで、アッ、くっ!」
イク姿を見てみたい気もするが、少し意地悪して手を止めた。もう少しこのカラダで遊んでやろう。

嬢の体を起こし、ベッドの上に座った私の股の間に、むこう向きに座らせた。
そして後ろからCカップの胸を揉む。乳房全体を左右の手で揉みながら、人差し指と中指の間に乳首を挟み、強く、弱くねじりを加えながら柔らかな乳房を大きく寄せるように揉み続ける。
乳首が「ピン」と立ち上がっているのを見計らい、後ろ向きのまま足を開かせ、後ろから右手の中指を嬢の膣にゆっくり入れていく。熱い膣をゆっくり、大きく掻き回す。中指の付け根は、嬢のクリトリスに密着させ、一緒にこねる。
「あ、はぁっ、ふぅ〜。」
気持ち良いのか、反射的に脚が閉じ気味になるようだ。膣の中は、トロトロだ。クチュッという音が、時々聞こえる。
私は嬢の足に自分の足をからませ、強制的に嬢を大股開きにした。
そして薬指と中指を嬢の膣に深く入れていく…。

「ハァッ、ハァッ」
と嬢の声にならない息遣いだけが部屋に響く。気持ち良いのか、痛いのかは分からないが、膣の中がトロトロだ。
単純な出し入れと膣の掻き回しを楽しんだ後、入れる指を中指だけにして、嬢の子宮口を中指でつつく。
コロッとした感触の子宮口は右左に逃げるが、子宮口の切れ目を私の中指が的確にとらえ、真下からツンツン刺激してやる。そのあとは、再び子宮口をコロコロと膣の奥深くで大きく円を描くように動かしてやる。
「あんっ、あんっ、お腹に響くぅ…。」
自分の膣の深い所をじっくりいじられ、大人しくなった嬢は、少し腰を浮かせながら、なまめかしく呟いた。

嬢をベッドに仰向けに寝かせ、脚を開き、自分の膝を持たせて屈曲位にする。
私は左手で嬢の乳首を強めにつまみながら、右手で狙いを定める。いつもは嬢の体を考えてゆっくり入れることが多いのだが、今回は、トロトロの膣に遠慮なくぶち込ませていただく。大陰唇を割って膣口まで亀頭をあてがうと、あとは一気に押し込んだ。
「ひゃうっ、あっ、うん!あっ。」
膣の中はトロトロ、しかし締め付けは強めだ。屈曲位なので、膣の深くまで私のものを受け入れている。
私は嬢の乳首をつまんでいた手を離し、ベッドに手をつく。嬢には膝を抱えさせたままにし、膣と私の肉棒だけで触れ合う状態である。

のの字を書いたり、奥深くまでの抜き差しを楽しんだり、深く差し込んだままクリトリスをいじったりして遊ぶ。
「あ、ダメッ、うんっ、うんっ、イッちゃうかも。お願い、お願い、先にイッちゃうかも。あん、あっ、あっ、」
すばやく抜いて、中指を入れると、膣の入り口が狭くなってきている。逆に、膣の中は風船のように膨らんでいる。
本気で感じているな。こちらも発射体制に入ろう。
すぐに再び挿入し、嬢の腰をしっかりつかみ、ピストン運動と共に嬢の腰を打ち付けるかのように動かす。
「ううーっ、うん、ひゃっ、あっあっあ、あんっ、もう、もっ、もうっ!あ、だめっ!ああーっ!」
嬢は自分の乳房を引っ張り上げるように揉みながら、最後は絶叫に近い声を上げ、腰まわりを痙攣のように上下に動かした。
私も嬢の腰をつかんだまま、奥深くで吐き出した。目を開いたまま、呆然と天井を見上げる嬢の膣から自分自身を抜き、膣口を眺める。
「プツッ」
と小さな泡と共に、精液がほんの少しだけ出てきた。そういえば、ナマで良かったのかな…。まぁ、いっか。

「太いから、キツくて本気になっちゃった。手足も筋肉痛みたいになっちゃったよー。」
そう言いながら、嬢は私自身をもう一度口に含み、ネットリと舐めまわしてくる。ソープでは、お掃除フェラは初めての経験だった。

あとは時間まで嬢のお尻の穴周辺をいじったり、体を舐めまわして遊び、洗ってもらってプレイ終了。

いいお湯でした。
  1. 2011/05/08(日) |
  2. 風俗店 |
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント(-)

001. 金沢の女


001. 金沢

出張で、冬の金沢に来た。
ホテルは駅の真上で、寒い街を歩かなくても良いのがいい。夕飯は、チェックインの前に駅の構内で済ませた。あとは酒か、女か…。結局は両方なんだが、まずは女だな。

繁華街まで出るのも面倒なので、携帯でデリヘルを見る。少し長身の女が好きだ。
身長163cmのスペックを嬢を発見。ここにしよう。

電話をして約30分、
「コンコン。」
とノックされた。私はこの瞬間が一番好きだ。

ドアを開けると、ヒールのせいでかなり長身に見える、スリムな嬢がミニスカートで立っていた。顔はまあまあキレイ系。
部屋に入れ、60分の料金を支払う。
シャワーを浴びる前に、抱きしめ、手を尻に回して撫でまわす。私服の女、特にミニスカートで脚の長い女はイイ。
ミニスカートをたくし上げ、ストッキングの上から尻、腰、恥肉の周辺を撫でると、
「ハァッ…ん。」
と嬢も少し気分がよさそうだ。
「シャワーにしましょ?」
一緒にシャワーを浴び、歯磨きをし、ベッドに戻る。

20代半ばらしく、肌のハリは大変良い。あまり色白ではないが、健康そうな、いいカラダをしている。
いつものように私の股の間にむこう向きに座らせ、後ろから乳房を揉む。
「ううーーーん、あぁ。ん…」
1、2分ほど乳房と乳首の同時刺激を続けると、声が出てきた。
私は右手を、彼女の下腹部へ移動させる。
だが、恥肉には触れず、股の付け根から周辺を撫でるように手を移動させる。
だんだん、嬢の息が荒くなってきて、腰がウネウネと動き出した。
「触ってほしいのか?」
「うん、だってじらすんだもん…。」
何となくシロウトっぽい反応が面白い。膣口を人差し指で探ると、十分に濡れていた。中指を嬢の膣の中にゆっくりと入れていく。
「あぅぅ。んっ、んっ。」
指の出し入れに合わせ、いい声で鳴く。恥肉にもハリがあり、余分なビラビラがまとわりつかない。
膣の中も、肉が盛り上がっているような充実感で、弾力が強くて良い感じだ。
もう少しいじめよう。

ベッドの上で嬢をうつ伏せに寝かせ、足を少し開かせて中指と薬指を嬢の膣に潜り込ませる。
「ううん、あはぁっ…」
膣内で指を折り曲げたり、広げたりしていると、嬢は気持ち良いらしく足を閉じかけるのだが、私があぐらをかいているのでムリ。
だんだん嬢の尻が持ち上がってくるので、そのまま尻だけを上げさせ、右手で膣内の指の運動を続行する。
反った背中と、尻のラインが美しい。背骨から左右の尻に沿って、左手でサワサワと刺激してみた。
「くっ、あ、んんんっ…」
枕に顔を押し付けて、声を押し殺している。うつ伏せのまま、尻だけ高く上げた若い女の膣は、熱く、狭い。

そろそろこちらも気持ち良くなろう。
「じゃ、今度はこちらを頼む。」
ベッドに私が仰向けになると、少しぼーっとした焦点が合わない目の嬢が、
「うん…」
と私の股の間に座る。
真っ赤なルージュを引いた嬢の小さめの唇が、私の亀頭を包み込む。
「プッ、プッ、プッ」
と、上下する唇に、特別なテクは無いが、強めに吸いながらのフェラが気持ちいい。嬢は私の股の間に入り込み、尻だけを高く上げて私の肉棒を口中に出し入れしている。
その姿勢に、何か違和感を感じ、私は上半身を少し起こして嬢を見た。

嬢は、左手とクチで私の肉棒に奉仕しながら、右手は自分の下腹部をいじっているように見える。
「自分でしてるの?」
と聞くと、嬢はあわてて右手を出してきたが、顔が真っ赤だ。
「ジュポッ、ジュポッ」
とわざと大きく音を出して、何も答えない。

「気持ち良かったのか?」
と聞くと、再び顔を赤くして
「うん、ちょっと…」
と小さな声で答える。2秒くらい動きが止まった嬢、意を決したように私を見た。
「あの…、へんなこと聞きますけど、お客さん、コンドーム持ってます?」
「いや、持ってないけど?」
嬢、少し迷ったような顔をして、私を一瞬見た。
「あの、少しだけ、気持ちだけ足してくれたら、私、してもイイですよ。」

私としては口内発射で十分に気持ちいいし、女を汚した気がして良いのだが…。
「うん?オマンコの中で出してもいいなら、5千円プラスだ。」
「えっ、中で?」
「だって、膣外射精より口の中に出す方が身持ちいいもん。」
「そっかー。そうですよね。…うーん、でも、…安全日だし。中でいいです。」

そんなわけで、嬢を仰向けにし、膣に指を入れて状況を確かめる。
膣内が四方から筋肉が盛り上がったように狭い。そして弾力が強い。そのくせ、グチョグチョと言えるくらいの
濡れ方だ。やはり私の肉棒をしゃぶりながら、自分でしていたな…。

さっそく挿入した。嬢の膣は、圧力が高い。ギュッと握られているようだ。
「うんっ、うんっ、あ、あっ、ああ…」
こちらも、嬢のキレイな体を眺め、コチコチの肉棒をゴリゴリと出し入れする。ゆっくりしていると、勢いを無くした瞬間に押し出されてしまいそうだ。

正常位から、嬢の膝を抱え、折り曲げて膣の奥まで打ち込めるようにした。嬢のキレイな長い脚を抱えながら、激しく子宮に打撃を加え続ける。
また嬢の目の焦点が合わなくなってきた。
「あっ、あっ、ああーー、あっ」
だんだん泣き声のような声になってきた。
「いくぞ、中で出すぞ。いいんだな?お前のオマンコの中に出すぞ?いいんだな?」
「あっ、ああっ、いい…です。中、中でいいです。あっ、あっ、あーっ!」
嬢の腰をつかんで、一番奥で発射した。若い弾力に富んだ膣の気持ち良さに、いつもよりたくさん出したような気がする。
膣が、肉棒を絞るようにうごめき、最後の一滴まで奥に出した。

スキモノなのか、いつもの手なのかは分からないが、5千円プラスで、若い女にナマ中出しができれば、まぁ良かったかな。

いいおクチでした。いや、いいアレでした。
どことなくパ○ス・ヒル○トンに似ているりおちゃん。自分ではレ○ぃ・ガ○に似ていると思っているらしい。バックから突かれるのが好きで家でオナニーをするときは、壁にディルドを貼り付けてバックスタイルでのピストンオナニーをするらしい。AVを見てたらとても気持ちよさそうだったので秋○原のAVショップで自らディルドを買ってきたらしい。今回は上下のピストンオナニー。かわいい口で十分にディルドを濡らしてパイパンのおまんこをゆっくり近づけ挿入。奥深くまで挿入すると気持ちよさそうな喘ぎ声が漏れる。次第に腰使いが荒くなりガラステーブルが割れんばかりの勢いで上下ピストン運動が始まる。あまりの激しさにすぐに逝ってしまうが、パイパンまんこがディルドを離さない。何度も何度も逝ってしまうが終始腰使いの激しいピストンりおちゃん。
この動画をダウンロード
りお  / 

動画提供サイト Hey動画
  1. 2011/05/08(日) |
  2. 風俗店 |
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)
  
  
close